店舗の雰囲気・イメージにマッチしているか

お店の看板をデザインする前にまず最初にしっかりと考えてほしいのが、店舗やサービス等のイメージです。
当然といえば当然ですがどんなお店にも特長や打ち出しているイメージがあります。
そこで重要になるのが店舗やサービスのイメージがどういったものか十分に考えていく必要があります。

飲食店を例に挙げてみます。
飲食店といっても種類は様々あります。

高級料亭、フレンチレストラン、居酒屋、ワインバー、ファミリーレストラン、和食に中華、イタリアン等、上げるときりがないですが、それぞれのお店には店舗のイメージやターゲットにしている顧客があります。

例えば「高級店」には「高級店に見合ったイメージ」のデザイン(お洒落で高級感のある)をしないと、お客様は来店しないかもしれません。
逆に大衆的なお店で「あれば気軽に入れそう」「値段を気にしなくて入れそう」」等のイメージが大事で、お客様にとって入りづらいようなデザインをしてしまうのだけは避けなければいけません。

つまり店舗の種類とターゲットを明確にすることで、店舗に見合った看板デザインを作成する事が大切になります。

◎店舗のターゲット客層を明確にすること

上記で説明した点と重なるところもありますが、どういった客層を店舗へ集客したいかをイメージして看板をデザインする事がとても大切になります。

男性客に好まれている、女性客が多い、年配の方が中心、若い人が中心、サラリーマンやOLが中心、主婦やファミリー等どの客層をターゲットにするかによって、デザインは変わってきます。
つまり店舗がターゲットとしている客層とマッチしない看板のデザインを行ってしまうと集客に失敗してしまうことになります。

それにはまず「店舗の環境(都市部になるのか、郊外にあるのか、駐車場の有無は?駅から近いのかなど)」もしっかりと踏まえた上で、どういった客層をターゲットにしていけばいいかを考え、それに見合った看板のデザインを行ってください。
店舗の運営にとって看板デザインは最初の大切なポイントです。