看板事故

看板プロモーションで、気を付けることは看板事故です。
看板事故とは、看板によって、店舗のイメージが悪くなってしまうことと看板によって人的被害がでることをいいます。
店舗のイメージが悪くなる看板事故とは、看板デザインが悪い、看板が汚れている、看板が壊れている、看板が色落ちしまくっているなど見た目が悪く
その看板をみたユーザーが、絶対にこんな店に入りたくないと逆印象を与えてしまう事です。
このタイプの看板事故が多いことを覚えておきましょう。
看板デザインプロモーション運営委員会は、このタイプの看板事故を絶対起こさなコンサルティングサポートが得意になっています。
もし、看板によってそれらのダメージを受けていると考えている場合は、看板デザインプロモーション運営委員会にご連絡ください。
そして、もう一つの看板事故とは、人的被害になります。
人的被害看板事故は頻繁に起こっていることをご存知ですか?
なぜこれだけ看板事故が起きてしまうかと言いますと屋外の看板は汚れだけでなく、腐食もしやすいのです。
看板の天敵は、腐食です。
それが原因で設置した看板が落下したり転倒する恐れがあるのです。
そして、看板の落下・転倒で人やものを傷つけてしまうのが人的な看板事故です。
さらに腐食だけではなく、破損した照明器具も人的看板事故に繋がります。
看板の破損や照明器具の破損を放置しておくと、ショートを起こし火災の原因にもなります。
火災ほどやっかいなものはありません、自分だけではなく周りにも大きな被害を出してしまいます。
看板火災事故が起きてしまってからでは全てが終わってしまうのです。
看板火災事故の大半は、その責任を看板の管理者が負うことになっているからです。
起きてからでは遅い看板事故は、看板を設置するからには確実に起こしてはなりません。
看板デザインプロモーション運営委員会は、看板を設置する全ての方々へこれだけは伝えたいです。
だからこそ看板の事故防止には、定期的な看板の手入れ、クリーニングとメンテナンスをすることが必要になります。
月1回の自分達での看板の手入れ、半年に一回は、設置してもらった看板業者などプロの看板専門家へ看板のチェック依頼が良いでしょう。
看板は、私たち素人目から判断できない構造や、一般では使われていない機材が取り付けられている場合もあるからこそ看板のプロの力が必要なのです。
看板事故を起こさない為にもクリーニング・メンテナンスは、プロの看板業者を利用しましょう。