美容液の正しい使い方

何気なく美容液を使っている人も多いのでしょうか。一般的には化粧水のあとにつけているというかたが多いと思いますが、正しい(効果的な)美容液の使い方をご紹介します。
以前もご紹介しましたが美容液には色々と種類があり、ニキビケア、保湿、美白、エイジングケア等目的は様々です。一般的に美容液は自身の悩みを予防・解決するために使用する化粧品です。

例えば、肌が乾燥しているから乾燥している部分を解消したい、小じわやしみなどが気になってきたら可今から対策したいなど、年齢や肌質に応じて使い分けが必要になります。
20代で美容的を使わなかった人も、30代になって使用し始めるのはご自身の肌質などが変化してきて、しっかりと対策をしないといけないという事を気にしてくるからです。

美容液の正しい使い方として、一般的にはクレンジング⇒洗顔料⇒化粧水⇒美容液⇒クリーム(乳液)となります。
全て同じブランドのものを使用する必要性はないですが、この順番で使う事が基本になります。
というのも、洗顔後すぐは油分が少なく、水溶性の割合が多い化粧品から使う方が、お肌に浸透しやすいからです。
逆に油分の多い化粧品を先に使用し、あとから水溶性の割合が多い化粧品を使用すれば肌に浸透しなくなり、本来の効果を与える事が出来なくなるからです。

美容液の適切な使用料は各メーカーによって違いますのでわからない方は問い合わせて聞いて見て下さい。
また使用期限ですが記載のないもに関しては未開封の状態で凡そ3年が目安になります。但し開封後は長くても3~4ヶ月くらいですが、防腐剤などが配合されていないケースもありますので、各メーカーや販売会社に問い合わせてください。

PR

  • 医療業界注目のセンシンレン
  • がんの予防、エイズ(HIV)、インフルエンザ予防、アトピー治療等

  • がん予防にセンシンレン
  • がんの予防に効果があったと報告されています。

  • センシンレンを用いたセンシニティカプセル
  • 古くから薬用として使用されてきたセンシンレンハーブを用いたセンシニティカプセル