看板デザインの大切なポイント①

看板というのは店舗や施設等の所在地や情報等を通行人に知ってもらう為に、非常に大きな役割があります。
というのも看板を見て店舗や施設に来てくれるような利用客も多いいからです。

そこで重要になるのが、同業多店舗等と比較した場合に、看板でいかに通行者に対して認知出来るかという事になります。

当然看板の種類やデザインというのがポイントになりますが、種類に関しては店舗の状況により制限もあるので、ここでは「看板デザイン」について大切なポイントをあげておきますので、業者に依頼する前に参考にしてください。

◎「わかりやすいデザイン」にすること

看板を作成する際の最も大切なポイントは その看板を見ることで、利用者に伝えたい情報を正確且つ迅速に印象付けできるかという事です。

つまり、どれだけ分かりやすく「デザイン出来るか」ということです。
あくまで看板の最大の目的というのは、利用者に店舗等の情報を伝えることです。

利用者(歩行者や通行人)に対して、いかに瞬時に、相手にイメージや情報が与えられるかが勝負になってきます。
大きな文字の利用やカラーリングを見栄えよくするだけでなく、イラスト等を利用する強く人の印象に残ります。

もちろん周辺環境を考慮しないといけないので、周囲とのバランスを考えたデザインにすることも重要なポイントになります。

◎設置場所について

デザインともに大切なのがどこに「設置するか」という事になります。

例えばビルの壁にかけるのか、住宅街か、繁華街か、駅前か等色々と設置をする場所というのは考えられます。

設置する場所によって、どの色を使った方が見えやすいか、どのくらいの大きさが適当かなどが変わってきます。
また看板を設置する場所は「歩行者が多い」「車通りが多い」等通行者の内訳も大事なポイントで、それに合わせた看板デザインをする必要があります。

歩行者をメインにするのであれば比較的情報量を多く盛り込んだ看板にすれば立ち止まって見ることができるます。
車が多いロードサイドや幹線道路に看板を設置する場合は「なんのお店なのか」を瞬時にわかってもらうためのデザインが必要性となります。

文字を大きくしたり、デザインカラーを鮮明にしたりまた、地図やイラスト、距離や信号等の位置を入れてデザインする看板も多くみられます。