看板種類1

  1. 1:屋上広告(塔屋)看板

    ビルやマンション等の建物の屋上に設置する看板です。
    広告面が大きく遠方からの認識が非常にされやすい看板の種類です。
    またネオンやスポットなどを付けることで、夜間でもアピールすることが可能になります。

  2. 2:ポール看板

    ポール看板は幹線道路に面した路面店に向いて設置されることが多い看板です。
    サイズも比較的大きなものが多く、店舗や会社のシンボルや所在地の確認として利用される事が多いです。
    サイズが大きいものが多いので、看板のデザインについても、遠くからでも目立ち易い特徴があるため、目立つ(特徴的な)デザインにするケースが一般的です。

  3. 3:自立看板

    店舗や施設の名称として道路面に近い所に設置される事が多い看板です。
    またお店のシンボルになったり誘導を目的としたものであったりと多種多様です。
    看板のサイズとしても大型で電気を使用した物から小型の物まで目的と用途に合わせて様々なサイズがあります。
    用途に合わせた看板デザインすることで、利用者に店舗や施設の特徴を伝えやすくなります。

  4. 4:壁面看板

    建物の壁面に設置されている看板です。
    壁面看板の種類もプレート式・銘板式・アンドン式・トタン木枠組みで大型のものなど種類も多様にあります。
    また壁面看板の中にはチャンネル文字(金属版を文字の形に加工し、厚みをつけたもの)を利用し看板もあります。
    店舗の名称や建物のロゴ等に利用されるケースが多く、電飾を利用すると夜間でも目立たせる事が可能です。

  5. 5:袖看板(突出し看板・サイン)

    建物の壁面から突き出した看板で、電照式のものが多く、店舗の所在地を知らせることを目的として利用されるケースが一般的です。
    歩道や道路に面して設置される事が多いため、通行者に対しての認識度を高めることができます。