看板制作会社

看板を制作していう会社の規模について皆さんはどれくらいの人数でやっていると思いますか?
もちろん看板屋といってもデザインだけ行っているところもあれば制作だけ行っているとこもあるなど、取引内容によって異なりますが、分類としては下記3つに分けられます。

1.広告代理店 2.店舗装飾専門業者 3.看板制作会社

広告代理店や店舗装飾専門業者などは自社でデザイナー等を抱えており、制作までの部分を自社で完結して、最後の製作部分(納品含め)を看板制作会社に依頼するというケースが多いですし、逆に看板制作会社は広告代理店や店舗装飾専門業者からの下請けがほとんどで、自分たちから営業するということはほとんどありません。
(営業部隊を保有していない会社の方が断然多いです)

よって1~3の業種によって規模は大きくことなりますが、看板制作会社に関しては下記のように分類されます。

◎小規模:1~4名 ◎中規模:5~14名 ◎大規模:15名以上

大手企業のように自社工場をもち制作も全てコンピュータ(ロボット)による自動制作しているところもあれば、専門の職人が数名で制作している会社もあったりと非常に幅広く分類されております。
勿論それぞれにいい部分・悪い部分等がありますが、コストや目的に応じて看板制作会社を使い分けているクライアントも多いです。

ちなみに日本全国は約8000~10000社の看板制作会社があると言われておりますので、看板を依頼する場合はその業者がどこまでの作業を請け負っているのかしっかりと確認した上で依頼してください。