看板の種類

「看板」といってもその種類は非常に豊富にあり、その種類によって使用用途が明確化されております。

<主な目的>
  1. 目印としての機能
  2. 情報伝達としての機能
  3. 活気・演出としての機能
  4. 特徴・個性・雰囲気演出の機能

目的に応じて制作・設置する看板の種類は異なってきます。

  1. 目印としての機能

    ・壁面広告(壁面看板)
    ・木造看板
    ・袖看板

    「店舗・企業」の顔になる部分ですので、非常に重要な役割を果たしております。

  2. 情報伝達としての機能

    ・屋上広告版
    ・野立て看板
    ・アドバルーン
    ・ポールサイン

    まず「店舗」のことを知ってもらう必要がありますので、適材適所にしっかりと設置することで、 情報伝達機能を十分に果たすことが出来ます。
    (よく街中で目にする看板なども看板広告などもここに該当します)

  3. 活気・演出としての機能

    ・広告幕
    ・バナーフラッグ
    ・ウィンドシート

    「店舗が繁盛しているかどうか」はやはりお店に来る人にとってはとても重要なポイントです。 そういった雰囲気をしっかりと演出するための看板を設置することが必要です。

  4. 特徴・個性・雰囲気演出の機能

    ・のれん
    ・テント
    ・ファサード看板
    ・スタンド看板

    数ある競合店舗の中から選んでもらうためにはしっかりとしたPRと特徴・個性を出す必要があります。
    そこで来店・来院しやすい雰囲気作りや特徴を伝えるための看板設置が必要です。

  5. 以上のように目的・用途に応じて様々な種類があるので、看板作成の参考にしてください。