看板種類2

  1. 1:野立看板

    「野立看板」という看板の種類を耳にしたことある人は少ないかもしれませんが、実は街中には野立て看板は設置されているのです。

    主に街路や路地等に設定されており、店舗までの案内・誘導を行ったり、競合の商業施設、商品等との差別化を図るためのPR的な役割を果たします。

    特に多い事例として、分譲戸建てや分譲マンション等の広告版としてよく利用されます。
    材質も木製のものから鉄骨組トタン張り等様々にあり、設置期間や設置場所などに応じて使い分けされます。

    また近年では夜間での誘導も行う為に、ライトの設置や反射シートの設置をしたりするケールも増えております。

  2. 2:スタンド看板

    主に店舗の入口や店内などに設置される事が多い看板です。

    また用途も様々で、誘導やサービス案内やメニュー案内、注意事項を記載したりと様々です。
    サイズも大きくない為移動も便利です。

    夜間営業している店舗ではスタンド看板を電照式のものにして、視覚効果としては大きく効果があります。

  3. 3:懸垂幕・横断幕

    店舗やビルの形態に応じて縦・横のどちらにも対応できるタペストリーで、主に店舗前の案内やセール・イベント・催し物の案内などに多く利用されます。

    取り外しも簡単にでき、材質も一般的には布製のものが多いため、低コストで作成ができます。

  4. 4:ウィンドウサイン

    街中を歩いているとよく見かけますが、店舗の入口や窓ガラスにカッティングシートやスプレー等で文字やサインを作成したものです。
    汎用性も高く、施設名からロゴ、営業時間、診療内容等自由に作成できます。

    また基本ガラス面に設置するため低コストで作成出来ることも大きな魅力です。

  5. 5:ネオン看板/LED看板

    ネオン看板(LED看板)は基本的には夜間に営業している店舗が設置する看板で、夜間になると照明が点灯し、店舗名などを目立たせる効果がります。

    壁面看板や突き出し看板など様々なタイプの看板に組み合わせることが可能です。
    近年ではLEDの普及により、LED電球を利用した看板も増えております。