看板の手入れ

看板デザインプロモーション運営委員会の気をつけるポイントの一つで、看板の手入れもあります。 
店舗や企業にとって、看板は大切な顔みたいなものです。
店舗外観や看板が汚れていたり、照明が切れていたり、破損していたりするとロクなことがありません。
最初は綺麗な店舗外観、看板でも知らずに放置していた場合、汚れや破損、色落ちをして、お店や企業にとってはイメージダウンに繋がります。
店舗外観や看板は、残念なことにどうしても屋外に設置されてますので、汚れや照明切れや破損してしまいます。
以外に毎日見ているはずの店員よりは、それに気付きにくくと言うか、慣れてしまい気付いているのにあまり気にしないことが多いのです。
しかし、一度だけみる人にとっては、汚れ、色落ち、破損などは、イメージダウンに繋がるのです。
これを看板事故と言っても良いと思います。
そうならないためにも、看板は、定期的に手入れしましょう。
古くなっても毎日綺麗にしている看板や店舗外観の店舗のほうがお客様は、入りやすいのです。
看板のほとんどが、屋外に設置されています。
看板は、年間を通し、直射日光・雨風にさらされます。
道路、道、幹線道路脇の看板は、車からの排気ガスや粉塵などで汚れがひどいです。
夏などは、照明などは夜間に集まる虫の死骸などがとくに酷くなります。
こう改め考えると屋内の看板と比べものにならないくらい屋外の看板は相当汚れているものなのです。
だからこそ手入れをして綺麗にする必要があるのです。
さらに汚れた看板や壊れた看板は違反広告物となる可能性もあります。
法律的にまずいのはいけません。
看板の汚れや破損は、マイナス面ばかりしかないことをあらためましたか。
毎日手入れする必要はありませんが、看板は月に1回は、定期的に手入れするようにしましょう。
毎回完璧に綺麗にするのは大変ですので、看板照明の誇りや汚れを取るだけでも省エネにつながります
きれいな看板照明を照らすだけで人は集まり、さらに消費電力を抑えて一石二鳥です。